就活生必見!あなたの魅力を最大限にアピールする自己PR動画の作り方

>

自己PR動画で内定GET!いい動画の撮り方教えます

この記事をシェアする

動画作成のコツは?

動画撮影に欠かせないのが機材です。
スマートフォンを使いますが、横フレームで撮るとよいでしょう。
自分で撮る時は、機材を三脚などでしっかり固定します。
しかし画面の中央に自分の姿がきちんと入るように、位置を調整するのはなかなか難しいもの。
できれば、家族や友人に撮ってもらった方がよさそうです。
通信量は1動画あたり100MG、解像度は960×540が適当です。
動画の長さは、企業側の指示に従いますが、1分間以内が多いようです。
重要なのが撮影場所です。
必須条件は、明るい場所。
動画がクリアに写りますし、あなたの印象も明るく見えます。
屋内でライトを多くセットしてもいいのですが、その場合、陰影がはっきりし過ぎることがあります。
屋外の、自然光のもとでの撮影がベターです。


動画撮影までに準備することは?

まず、あなたの動画のイメージを思い描きましょう。
そういわれてもイメージがわかない、という方は、YouTubeにアップされている、自己PR動画をいくつか見るとよいでしょう。
リクルートスーツ姿で志望動機を語っている人、部活のユニフォーム姿で元気さをアピールしている人、フリップを使ってわかりやすく話している人、さまざまです。
あなたが応募する企業の雰囲気も考慮して、どのような動画にしたいかをイメージしておきましょう。
次に、撮影場所を選定しましょう。
屋外の、自然光の下が最適ですが、周囲の音が入ったり、通行人が行き来したりする場所はNGです。
「ここで撮影したいけれど、雑音が入りそう」と思ったら、早朝にもう一度下見することをおすすめします。
動画のだいたいのイメージができ、撮影場所が決まれば、動画作成の第一歩は無事完了です。